簿記とは何かご存知ですか!?

 

簿記とは「帳簿記入」のことを言います。

 

略して簿記です。

 

商店や個人事業者、企業は、日々の商売において商品の仕入れや販売という営業活動を行っています。

 

このような会社や企業、商店の営業活動を貨幣金額によって捉えます。

 

それを帳簿に記入します。

 

言い換えて、記録することが簿記の役割となります。

 

どうして帳簿に記入が必要なのでしょう!?
継続的に帳簿記入を行うことで会社や企業、商店の営業活動の状況、どれだけ利益(もしくは損失)が出ているのかが直ぐに分かると言うことです。

 

また、財産がどれだけあるかと、財産状況も直ぐに分かります。

 

そして、この記録を経営に役立てるのです。

 

また出資者への報告する為に利用するのが簿記の目的となります。

 

簿記は帳簿への記入方法により、現金収支を入金をプラス、出金をマイナスとして現金の増減を記入する単式簿記があります。

 

それと、営業活動を一定のルールに乗っ取り記入する複式簿記があります。

 

その二つに分けられます。

 

※ ちなみに小遣い帳、家計簿が単式簿記になります。

 

単式簿記にかんしてですが、簡単に残高がわかります。

 

しかし、内訳を知るには不向きですね。

 

(汗)

 

一方、複式簿記に関しては、取引によって現金の増減がもたらされたかを記入するものになるので、財産の増減と損益の増減の計算を同時に行うことができます。

 

※ ちなみに通常の簿記と言えば複式簿記になります。

 

簿記を勉強すると会社の財産や損益の状態がわかるので、財産状態を示す貸借対照表、儲けを明らかにする損益計算書を読むことができます。

 

言い換えると、つまり、あなたの勤務している会社、各企業の状況を把握することができるのです。

 

(笑顔)
どのような職種でもお金の管理は重要ですよね。

 

簿記を理解することで、あらゆる業種で必要な知識を得るということに繋がりますよ。

 

 

資格の関連リンク紹介

 

使える通信講座は?資格一覧難易度ランキング
キャリアアップに欠かせない就職・転職に有利になる資格とは?利用関係や国家試験のほか新しい挑戦しやすいものなども。
www.shikaku-toreru.com/