簿記取得ガイドTOP > 簿記の用語について > 仮受金と仮払金について

仮受金と仮払金についてについて

 

「預金や現金の支出や収入があったが金額が確定していない」・「取引内容が未確定」などで、勘定科目が決められないなどのことがあります。

 

このような時、簿記では、「仮払金」・「仮受金」という勘定科目を用います。

 

とりあえず支払ったことが仮払金で借方に記入します。

 

その反対に受取った場合は、仮受金で貸方に記入します。

 

簿記では、この仮払金の例で出張がよく用いられています。

 

※ 従業員の出張の為、現金3万円を仮払いした場合は次の通りです。

 

■「借方」=仮払金 30,000 、「貸方」=現金 30,000となります。

 

※ 出張していた従業員が戻って、旅費が5万円との報告を受け、不足分2万円を現金で支払った場合は以下の通りです。

 

■「借方」=旅費交通費 50,000 、「貸方」=仮払金 30,000  、「貸方」=現金  20,000となります。

 

※ 次に旅費が25,000円であった場合は以下の通りです。

 

従業員から払いすぎていた旅費の交通費5,000円を現金で返却してもらう場合の仕訳は、次のようになります。

 

■「借方」=旅費交通費 25,000 、「貸方」=仮払金 30,000  、「借方」=現金 5,000となります。

 

このように、出張での費用は戻ってから精算するまで確定しません。

 

ですから、おおよその金額を前もって従業員に渡すようになります。

 

その金額を仮払金で処理して、確定した時点で勘定科目を振替る事になります。

 

※ 出張中の従業員から内容不明の現金5万円が送られてきた場合は、以下のようになります。

 

■「借方」=現金 50,000 、「貸方」=仮受金 50,000となります。

 

※ この5万円は、売掛金の回収であった事が判明した場合の仕訳ですが、次のようになります。

 

■「借方」=仮受金 50,000 、「貸方」=売掛金 50,000となります。

 

簿記の基本記事一覧

費用と収益について

簿記では、多くの専門用語が用いられますが、ここでは、会社がどれだけ儲かっているかを見る為の表である損益計算書で用いられる用語、費用、収益について説明しますね。『費用』儲...

元帳と転記、決算について

取引を仕訳し仕訳帳に記入したあと、仕訳を各勘定口座に書き写しますが、この作業を転記と言います。また、各勘定口座をまとめたものを総勘定元帳と言います。もしくは元帳と言...

借入金と貸付金についての説明

簿記では、借用証書などにより会社などに金銭を貸付けた際の仕訳については、その債券を貸付金勘定で借方に記入します。※A社に現金20万円を貸付けた時の仕訳は、以下の通りです。 ...

有価証券の説明!

あなたは、有価証券について、何かご存知ですか!?※ 公社債、株式、投資信託などの債券を総称した名称になります。『公社債』「国債」、「地方債」、「社債」などを指します...

買掛金と売掛金について

売買における支払いや商品の仕入れ方法は、現金や預金だけではありませんよ。知ってますか!?企業間で相手を信用した掛取引(直ぐに支払いをするのではなく1週間後〜1ヵ月後など...

三分法と分記法について

簿記において、商品を仕入れて販売する場合、記帳方法には、三分法と分記法、総記法があります。ご存知ですか!?一般に知られているのは、その中の三分法と分記法だと思います。 ...

預り金と立替金について

従業員や取引先、役員などに一時的に立替払いした際、立替金の勘定を使います。例えば、取引相手が支払うべき運賃などです。それを立替えた場合などですね。※ 立替金...

未払金と未収金について

簿記では、商品の売買において代金を後日支払う掛取引で、債務・債権を買掛金・売掛金という勘定科目を用いて仕訳を行います。しかし、建物、土地、備品など商品売買以外の債務、債権は...

仮受金と仮払金について

「預金や現金の支出や収入があったが金額が確定していない」・「取引内容が未確定」などで、勘定科目が決められないなどのことがあります。このような時、簿記では、「仮払金」・「仮受...

有形固定資産についての説明!

あなたは、固定資産について何かご存知ですか!?『固定資産』その企業が営業目的達成の為、長期的(1年以上)に保有する資産の事です。この固定資産は、「無形固定資産」...

前受金と前払金について

商品の取引では、商品の受渡し前に代金の一部を受渡しする事がありますが、知ってますか!?住宅の売買など、物件の受渡し前に代金の一部を手付金を支払う事があります。こんなイメ...