簿記取得ガイドTOP > 検定試験について > 簿記検定の種類について

簿記検定の種類についてについて

 

簿記の資格取得に関してですが、「、社団法人全国経理教育協会(全経)主催の簿記能力検定」、「日本商工会議所(日商)が主催する簿記検定」、「財団法人全国商業高等学校協会(全商)が行う簿記実務検定」があります。

 

ご存知ですか!?

 

※ 全経簿記検定試験の上級合格者、及び日商簿記検定試験1級合格者には税理士試験の受験資格が与えられます。

 

世間で広く知られているのは日商簿記検定になります。

 

書店にも日商簿記検定試験に対応した書籍がたくさん並んでいますよね。

 

日商簿記検定ですが、試験内容に応じて1級から4級があります。

 

<試験範囲について>
●1級は商業簿記、工業簿記、原価計算、会計学です。

 

●2級は商業簿記と工業簿記(簡単な原価計算)です。

 

●3級・4級は商業簿記です。

 

※ 簿記の基礎と位置づけられるのが3級になります。

 

全経の簿記能力検定については、以下のようになります。

 

・上級
・1級会計(商業簿記を含む)
・1級工業簿記
・2級
・3級
・4級に分かれています。

 

● 2級・3級・4級は商業簿記になります。

 

● 1級は、商業簿記と工業簿記です。

 

● 上級は、商業簿記、会計学、工業簿記及び原価計算が試験範囲です。

 

※ 全経は全国300からなる専門学校が会員となっています。

 

※ 試験会場は、全経の指定した専門学校です。

 

※ 受験資格に制限はありません。

 

※ 上級が日商簿記の1級になります。

 

▲全商の簿記実務検定は1級から3級となっています。

 

▲2級・3級は商業簿記です。

 

▲1級は、商業簿記を含む会計と原価計算が出題範囲となります。

 

※ 全国の商業高校の簿記のスキルアップを目指すものです。

 

このように、一口に簿記検定と言ってもたくさんの種類があります。

 

(汗)
一般的に就職活動の為の簿記の資格としては、日商の資格が社会的に評価が高いと言えますね。

 

あなたも簿記検定に挑戦して自身のスキルアップを目指してみてください。

 

そして、就職に有利な資格を取得してくださいね。

 

(笑顔)

 

簿記の基本記事一覧

工業簿記と商業簿記について

簿記は、その適用領域や計算内容、記録により、工業簿記や商業簿記、その他にも扱う業種により銀行簿記、官庁簿記、農業簿記などに分けられます。ここでは、日商簿記検定(日本商工会議...

簿記の勉強方法を紹介します!

簿記を勉強するにはどのような勉強方法が良いのでしょうかね?そんな勉強方法を探してませんか!?大学や商業高校で勉強される方も多くいると思います。今回は、それ以外の勉強...

簿記検定の種類について

簿記の資格取得に関してですが、「、社団法人全国経理教育協会(全経)主催の簿記能力検定」、「日本商工会議所(日商)が主催する簿記検定」、「財団法人全国商業高等学校協会(全商)が行う簿...

簿記検定の合格率について

簿記検定に合格すると就職や入学に有利な武器となります。それでは、どれくらいの合格率なのでしょう?。平成21年に行われた日商簿記検定の合格率は以下の通りです。...

就職と簿記の関係性について

簿記検定での合格ですが、大学や短大での推薦入試などで判断基準となる場合は、有利となります。ご存知ですか!?また、新卒者の場合の就職活動においては、検定での合格は1つの武...