簿記取得ガイドTOP > 検定試験について > 工業簿記と商業簿記について

工業簿記と商業簿記についてについて

 

簿記は、その適用領域や計算内容、記録により、工業簿記や商業簿記、その他にも扱う業種により銀行簿記、官庁簿記、農業簿記などに分けられます。

 

ここでは、日商簿記検定(日本商工会議所)で扱う工業簿記、商業簿記について紹介しますね。

 

参考にしてみてください。

 

『工業簿記』
製造業に適用される簿記になります。

 

一般の会社や商店では完成している商品を仕入れて販売します。

 

しかし製造業では材料を仕入れて製造します。

 

そして、その製品を販売します。

 

この為、工業簿記は、製造活動に関する記録を行うことになります。

 

工業簿記では、商業簿記のように帳簿記録により、貸借対照表や損益計算書だけでなく、製造活動による製造原価報告書という財務諸表が追加されます。

 

工業簿記は、記録により製品の原価を計算する事がポイントになります。

 

製品1つを作る為にどれだけの金額が掛かったかという情報が必要となるからです。

 

また工業簿記では、各製品ごとに1つ辺りの原価を計算する事が必要となります。

 

自社で製品を作る為、仕入れた商品を販売することよりも計算は複雑になるので、商業簿記とは別に工業簿記があるのです。

 

『商業簿記』
主として一般の会社や商店の商品の売買を記録し損益を計算するものになります。

 

簿記を勉強する上で基本となるもの、一般に簿記というと商業簿記のことを指します。

 

※ ちなみに日商簿記3級、または4級の試験範囲は商業簿記になります。

 

日商簿記1級及び2級の試験範囲は、商業簿記だけでなく工業簿記の知識も必要です。

 

日商簿記2級以上の資格取得を考える人の場合、商業簿記だけでなく、工業簿記も学習しておかねばなりませんね。

 

簿記の基本記事一覧

工業簿記と商業簿記について

簿記は、その適用領域や計算内容、記録により、工業簿記や商業簿記、その他にも扱う業種により銀行簿記、官庁簿記、農業簿記などに分けられます。ここでは、日商簿記検定(日本商工会議...

簿記の勉強方法を紹介します!

簿記を勉強するにはどのような勉強方法が良いのでしょうかね?そんな勉強方法を探してませんか!?大学や商業高校で勉強される方も多くいると思います。今回は、それ以外の勉強...

簿記検定の種類について

簿記の資格取得に関してですが、「、社団法人全国経理教育協会(全経)主催の簿記能力検定」、「日本商工会議所(日商)が主催する簿記検定」、「財団法人全国商業高等学校協会(全商)が行う簿...

簿記検定の合格率について

簿記検定に合格すると就職や入学に有利な武器となります。それでは、どれくらいの合格率なのでしょう?。平成21年に行われた日商簿記検定の合格率は以下の通りです。...

就職と簿記の関係性について

簿記検定での合格ですが、大学や短大での推薦入試などで判断基準となる場合は、有利となります。ご存知ですか!?また、新卒者の場合の就職活動においては、検定での合格は1つの武...