簿記取得ガイドTOP > 簿記の基本 > 手形取引について(1)

手形取引について(1)について

 

商品の代金支払いや、受取には預金や現金、掛取引の他に手形取引も行われています。

 

手形についてですが、支払場所・支払期日・期日が決まっている証券になります。

 

手形には、為替手形と約束手形の2種類がありますが、ただし、簿記には為替手形・約束手形という勘定科目はありませんので、注意しましょうね。

 

<為替手形について>
為替手形は、振出人(手形を作成した人)が名宛人(支払人)に自分の代わりとして受取人に一定の期日に支払ってもらう証券になります。

 

<約束手形について>
約束手形は、振出人(手形を作成した人)が名宛人(受取人)に支払期日に支払うことを約束した証券になります。

 

※ 売掛金の支払い、現金の代わりに用いられます。

 

振出人に手形代金を支払う義務があって、手形代金を名宛人が受取る権利があります。

 

A : 振出人、B : 名宛人、C : 受取人として仕訳を見てみましょう。

 

(以下参照)
Aは、Bに5万円の商品を掛で販売した場合では、次のようになります。

 

■「借方」=売掛金 50,000 、「貸方」=売上 50,000となります。

 

Aは、Cから2万円の商品を掛で仕入れた場合は、次の通りです。

 

■「借方」=仕入 20,000 、「貸方」=買掛金 20,000となります。

 

Aは、Cへの買掛金支払いの為、売掛金のあるBに手形の引受を依頼します。

 

Bの引受を得て、Cへ手形を渡した場合では、以下のようになります。

 

■「借方」=買掛金 20,000 、「貸方」=売掛金 20,000となります。

 

このように、Aは、」Bに対し債権があって、Cに対して債務があります。

 

為替手形を使うのは2者に対して債権、債務がある時だけになります。

 

簿記の帳簿上では、Aは、B・Cそれぞれに支払いをしなくても、買掛金、売掛金の相殺で済みます。

 

簿記の基本記事一覧

資産・負債・純資産(資本)についての説明

簿記に関しては、簿記独特の用語が多く出ていますが、聞きなれない言葉が多いと言う人もいます。ですから、簿記を勉強する時、その言葉に惑わされるかもしれませんね。基本的な...

勘定科目についての説明

簿記上の取引ですが、あなたが日常使っている取引とは意味が異なりますよ。基本的に簿記上の取引は、資産の増減があるものを指します。簿記では、この取引を資産・負債・純資産...

仕訳とは何にかご存知ですか!Q?

簿記の基本は仕訳になります。ご存知ですか!?簿記において仕訳とは、何でしょう!?取引ひとつ発生するたびに、その内容に応じ仕訳帳に勘定科目と金額を左右(貸方と借方)に...

簿記上の現金について見てみましょう!

日常生活で利用する現金ですが、あなたが普段使っている紙幣や硬貨を指します。しかし、簿記上の現金として扱われるものに関しては、この紙幣や硬貨だけではないんですよ。知っ...

現金過不足について説明!

簿記では、元帳などの帳簿に記帳している場合、実際の手元の現金と一致しなくなる事も出てきます。(汗)この場合、それを修正する為に仕訳をしなければなりません。対象方...

当座預金とは何でしょう!?

簿記によく出てくる用語で、当座預金がありますが、知ってますか!?『当座預金』決済専用の預金のことを言います。定期預金や普通預金などと同じようにいつでも預入れ・引...

手形取引について(1)

商品の代金支払いや、受取には預金や現金、掛取引の他に手形取引も行われています。手形についてですが、支払場所・支払期日・期日が決まっている証券になります。手形には、為...

手形取引について(2)

手形には、為替手形と約束手形の2種類の手形があります。それに対して簿記では、為替手形・約束手形という勘定科目はありません。※ 簿記では、手形を受取った時、受取手形に...

手形取引について(3)

受取手形は、支払期日に支払われるものなのですが、期日前に資金を必要とする場合は、銀行で現金化する事もできますよ。知ってますか!?受取手形を裏書譲渡し、取引銀行より融資を...

商品券と他店商品券について

今回は、商品券と他店商品券の勘定科目について説明しますね。参考にしてみてください。商品券を使い商品を購入した経験のある方は多いと思います。百貨店などで商品券...

減価償却について(1)

土地を除く備品や建物、車両運搬具などの有形固定資産は、長期間使用する事と、または経年の劣化によって、その価値が減少すると考えられます。新築マンションを購入し、中古マンション...

減価償却についての説明(2)

減価償却の仕訳方法には、間接法と直接法の二つがあります。それぞれの仕訳を見てみましょう。(以下参照)『直接法』※ 減価償却費を借方へ記入してください。 ...

有形固定資産の売却について

日商簿記3級の試験の出題範囲についてですが、有形固定資産を売却した場合の仕訳について説明しますね。参考にしてみてください。簿記では、減価償却の仕訳方法と同じように記...